一問一答

問:世界真光文明教団では、どのようなことをしているのでしょうか?

答:世界真光文明教団は、内国歳入法のセクション501(c)-3の非営利団体組織です。

問:世界真光文明教団では、すべての霊的要素を浄める真光の業と人生の礎となるみ教えをお伝えしております。

答:私たちは、世界中の多くの方へ霊的救済をしており、宇宙創造された神様を讃えております。

問:世界真光文明教団の教えはどのようなものですか?

答: 法律上、世界真光文明教団は、宗教法人として登録されております。教えの大元は日本の古神道でありますが、宗門宗派一切問わず、あらゆる宗教の方のご来場も歓迎しております。私たちの教えの芯は世界万人に通じるものです。私たちの目的は、改宗ではなく、一人でも多くの方に、み教えと真光の業をお伝えし、幸せな世界にしていくことです。したがって、宗教や争いごと関係なく、活動に参加したいという意志のあるみなさまのお越しをお待ちしております。

問:現在信仰している宗教から脱退しなければならないのか?

答:いいえ。そのまま続けていただいても構いません。私たちは、あらゆる宗教の方をお迎えしておりますので、皆さんも霊的な部分を強化することができます。

問:真光の業とはなんでしょうか?

答:真光の業は、施光者の掌から高次元のみ光を放射しています。真光の業を受けたり施したりすると、高次元の霊の世界からの清らかな光の波と通じます。頻繁に真光の業を受け施していくことで、わたしたちは、神霊との交流ができます。したがって、それぞれの魂霊は浄められ、高い霊層へ昇華していきます。

問:み光はどこからやって来るのですか?

答:施光する人は、神様と繋がっている御み霊を首からおかけしており、御み霊を通して、高次元の神様の世界から神様の光を放射することができます。

問:神様の光で病気は治るのでしょうか?

答:いいえ、医療的な治療とは異なります。わたしたちは、霊の面に施しています。したがって高次元にある魂が浄められると、下の次元の肉体面も浄められるため、肉体面にも良い影響が得られる場合があります。
これが本来の霊相昇華の目的になります。

問:どうやったら、霊行をはじめることができますか。

答:3日間の初級研修会を受けていただければ、できます。研修会は毎月開催されております。

問:手かざしを受けるとどのような感じでしょうか。光が見えたり、感じたりするものでしょうか。

答:個人差があります。私たちは、真光の業で光を感じようとしたり、見ようとしたりすることは試みません。時々、手かざしを受けられた後に大きな差を感じる方もいらっしゃいますが、何も感じない方もいらっしゃいます。何も感じないというのは、その方の霊的なものが弱いという訳ではありません。継続して手かざしを受けていただくと、生活の中の様々な場面で変化を感じることができるでしょう。

問:手かざしは、他の霊的な修行やエネルギーワークと似ていますか?

答:私たちは、他の宗教の霊的な修行や霊的な精神修養法などと真光の業を比べることは一切しておりません。私どもは全ての霊的な修養を尊重します。